このページのリンク

<図書>
ショクゴセン ワカシュウ
続後撰和歌集 / 佐藤恒雄著
(和歌文学大系 ; 37)

データ種別 図書
出版者 東京 : 明治書院
出版年 2017.1

所蔵情報を非表示



越谷図書館(B1一般書架) 911.108||W17||37 1000561446


越谷_日文科04 911.108||W17||37 1000561364

書誌詳細を非表示

出版年 2017.1
大きさ iii, 425p ; 22cm
別書名 異なりアクセスタイトル:続後撰和歌集
統一書名標目  続後撰和歌集(藤原為家撰 : KOTEN:35905) <ショク ゴセン ワカシュウ>
一般注記 監修: 久保田淳
底本: 公益財団法人冷泉家時雨亭文庫蔵建長7年5月16日藤原為家自筆書写本
月報あり (8p ; 21cm)
主要参考文献: p303-311
本文言語 日本語
著者標目  佐藤, 恒雄(1941-) <サトウ, ツネオ>
分 類 NDC9:911.145
件 名 NDLSH:続後撰和歌集
ISBN 9784625424229
NCID BB22880940
書誌ID B000843066
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
定家の衣鉢を継いだ前大納言為家が撰進した第十番目の勅撰集。下命者後嵯峨院の院政や一族と深いつながりのある西園寺家の繁栄をことほぎつつも、後鳥羽院の「人もをし人もうらめし」、順徳院の「ももしきや古き軒端の」など、承久の乱の流され王の歌をもさりげなく雑歌に入れた。南殿の桜の盛りに女房が立ち並んだようだと俊成卿女が評した、温雅な歌風の裡に、中世の宮廷が置かれた複雑な現実をのぞかせる、文化史的にも重要な集。

 類似資料