このページのリンク

<図書>
サッカ ワ ナニ オ カイデ キタカ : ニオイ アルイワ カンセイ ノ レキシ
作家は何を嗅いできたか : におい、あるいは感性の歴史 / 三橋修著

データ種別 図書
出版者 東京 : 現代書館
出版年 2009.6

所蔵情報を非表示



越谷図書館(B1一般書架) 910.26||Mi17 1000412944

書誌詳細を非表示

出版年 2009.6
大きさ 229p ; 20cm
別書名 異なりアクセスタイトル:作家は何を嗅いできたか : においあるいは感性の歴史
本文言語 日本語
著者標目  三橋, 修(1936-) <ミハシ, オサム>
分 類 NDC8:910.26
NDC9:910.26
件 名 BSH:日本文学 -- 歴史 -- 近代  全ての件名で検索
BSH:匂い
ISBN 9784768456057
NCID BA90188335
書誌ID B000426508
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
かつて世界はどんなにおいで満ちていたか?その手がかりを探り、近代から現代までの文学・マンガ・アニメにわたって、ひたすら「におい」にまつわる記述を追い続けた。時代によって変化する感性が、においによって明かされる。

[目次]
第1章 「臭」から「匂」へ(明治の「自由」と悪臭さわぎ
そもそも江戸のにおいとは
異文化との出会いとにおい
においへの新たな関心を展開)
第2章 二つの大戦後(時代の子―芥川龍之介
においを見つめた川端康成
戦争と死臭、そして焼け跡のにおい)
第3章 一九六〇年代という転換点(においのデカダンス 川端康成再考
腋窩のにおい―三島由紀夫の美学
不条理な状況へ―大江健三郎の場合)
第4章 においを削除する今(身体の細分化、市場化
厄介な身体の今)

 類似資料