このページのリンク

<図書>
ブンガク ノ ヨミカタ
文学の読み方 / さやわか著
(星海社新書 ; 94)

データ種別 図書
出版者 東京 : 星海社
出版者 東京 : 講談社 (発売)
出版年 2016.9

所蔵情報を非表示



越谷図書館(B1一般書架) 910.26||Sa99 1000559509

書誌詳細を非表示

出版年 2016.9
大きさ 249p ; 18cm
一般注記 主要参考文献: 巻末
本文言語 日本語
著者標目  さやわか <サヤワカ>
分 類 NDC8:910.26
NDC9:910.26
件 名 BSH:日本文学 -- 歴史 -- 近代  全ての件名で検索
ISBN 9784061386006
NCID BB22151510
書誌ID B000838645
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
いったい、日本の文学とは何なのでしょう?本書の出発点は、そんな素朴な疑問にあります。明治以来一〇〇年以上に及ぶ歴史がありながら、具体的で納得できる「文学」の定義はどこを探しても見つかりませんし、権威ある文学賞の授賞基準もいまだに一定しないようです。なぜ、日本の文学はこんなふうになってしまったのでしょう?実は、その原因は「文学は現実を描ける」「文学は人間を描ける」といった、いくつもの“錯覚”にあるのです。本書では、それらの錯覚がどのように生まれたのか、各時代の史料から確認しつつ、日本近代文学史を記述していきます。さあ、ともに教科書では語られない、秘められた文学史をさぐる旅に出ましょう!

[目次]
序章 そもそも何が文学なのか?
第1章 1979年の村上春樹
第2章 文学は人の心を描けない
第3章 メディアが作家と文学を作る
第4章 文学のジャンル化
第5章 純文学など存在しない
第6章 文学史が作られていく
第7章 錯覚は露見する
第8章 文学とは錯覚にすぎない
終章 ある錯覚の未来について

 類似資料