このページのリンク

<図書>
ムエン セイセイ : ニホン シホン シュギ ザンコクシ
無縁声声 : 日本資本主義残酷史 / 平井正治著

データ種別 図書
新版
出版者 東京 : 藤原書店
出版年 2010.9

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(2F一般書架) 289.1||H64 2111114746

書誌詳細を非表示

出版年 2010.9
大きさ ix, 379p ; 19cm
一般注記 関連年表: p374-377
本文言語 日本語
著者標目  平井, 正治(1927-) <ヒライ, ショウジ>
分 類 NDC8:366.8
NDC9:366.8
件 名 BSH:平井, 正治
BSH:日雇労働者
BSH:スラム
ISBN 9784894347557
NCID BB03327482
書誌ID B000759553
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
「無縁者」の声を同じ視点から聞き取り、それを語り継ぐこと。時間の経過とともに、眩さばかりが強調されがちな歴史の中に埋もれ、次第にかき消されてしまう人々の見た光景にこそ、その時代の真実がある。大阪釜ヶ崎の三畳ドヤに三十年住みつづけ、昼は現場労働、夜中は史資料三昧、休みの日には調べ歩く。“この世”のしくみと“モノ”の世界を徹底的に明かした問題作。

[目次]
第1章 生い立ち有為転変
第2章 若い命のかぎり
第3章 第一次釜ヶ崎暴動の渦中に飛び込む
第4章 港湾労働の高波に揉まれつつ
第5章 よう見てみィ、これが現場労働や!
第6章 博覧会の輝く電光の影に
第7章 震災が見せた神戸の素顔
第8章 APEC大阪開催が残した負の遺産
第9章 釜ヶ崎三百六十五日
終章 平井正治さんを囲んで

 類似資料