このページのリンク

<図書>
アンテイ セイチョウキ カラ 3・11ゴ マデ
安定成長期から3・11後まで / 鳥原学著
(中公新書 ; 2248 . 日本写真史 ; 下)

データ種別 図書
出版者 東京 : 中央公論新社
出版年 2013.12

所蔵情報を非表示



湘南図書館(2F文庫新書コーナー) C||2248 2211085789

書誌詳細を非表示

出版年 2013.12
大きさ 216p : 挿図 , 肖像 ; 18cm
別書名 異なりアクセスタイトル:安定成長期から311後まで
異なりアクセスタイトル:安定成長期から3・11後まで
異なりアクセスタイトル:安定成長期から311後まで
一般注記 主要参考文献: p154-170
日本写真史関連年表: p195-216
本文言語 日本語
著者標目  鳥原, 学(1965-) <トリハラ, マナブ>
分 類 NDC8:740.21
NDC9:740.21
件 名 BSH:写真 -- 日本  全ての件名で検索
ISBN 9784121022486
書誌ID B000779926
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
1970年代半ば、消費社会が爛熟するなか『an・an』を筆頭にヴィジュアル雑誌が次々と創刊。新しい写真家たちが陸続と登場する。さらに『写楽』『写真時代』『FOCUS』の売り上げ拡大によって、写真は黄金時代を迎え、宮沢りえのヌード写真集は社会現象ともなった。他方で、90年代半ば以降のデジタル写真の普及は、150年に及ぶ写真史を一新する。本書は1975年以降の写真黄金期とデジタルの衝撃の歴史を描く。

[目次]
第4章 消費社会のイメージ―1975〜89年(ヴィジュアル雑誌の時代
スキャンダリズム
写真美術館の誕生―記憶・規制)
第5章 表現の多様化と再発見―1990〜2010年代(縮小する世界のなかで
女性と写真―変わり続ける関係
デジタル化の波―都市・郊外からネットへ)
終章 日本写真のグローバル評価(「日本」の写真という問いかけ
3・11を超えて―再び写真と現実との関係)

 類似資料