このページのリンク

<図書>
コジキ ワ イカニ ヨマレテ キタカ : シンワ ノ ヘンボウ
古事記はいかに読まれてきたか : 「神話」の変貌 / 斎藤英喜著

データ種別 図書
出版者 東京 : 吉川弘文館
出版年 2012.11

所蔵情報を非表示



越谷図書館(B1一般書架) 913.2||Ko39 1000495706

書誌詳細を非表示

出版年 2012.11
大きさ 6, 237p : 挿図 ; 20cm
別書名 異なりアクセスタイトル:古事記はいかに読まれてきたか : 神話の変貌
一般注記 引用原典・参考文献: p229-237
本文言語 日本語
著者標目  斎藤, 英喜(1955-) <サイトウ, ヒデキ>
分 類 NDC8:913.2
NDC9:913.2
件 名 BSH:古事記
ISBN 9784642080811
NCID BB10590455
書誌ID B000507849
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
『古事記』はどのように読まれてきたのか。江戸時代の本居宣長からさかのぼり、中世の吉田兼倶・度会家行、平安初期の多人長まで。1300年の時空を超え、新たな神話へと変貌するダイナミックな歴史を読み解く。

[目次]
プロローグ 『古事記伝』から『古事記』編纂一三〇〇年の深層へ
1 本居宣長とはだれか
2 『古事記伝』と近世神話
3 伊勢神宮で読む『古事記』
4 「日本紀の家」の人びと
5 平安期の「日本紀講」と『古事記』起源の神話
エピローグ 二十一世紀の『古事記』へ

 類似資料