このページのリンク

<図書>
ケンポウ カイセイ ノ ロンテン
憲法改正の論点 / 西修著
(文春新書 ; 929)

データ種別 図書
出版者 東京 : 文藝春秋
出版年 2013.8

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 323.149||N87 1000514028


東京あだち図書館(3F一般書架)新書 BS||929 2211085112

書誌詳細を非表示

出版年 2013.8
大きさ 254p ; 18cm
本文言語 日本語
著者標目  西, 修(1940-) <ニシ, オサム>
分 類 NDC9:323.149
件 名 BSH:憲法 -- 日本  全ての件名で検索
BSH:憲法改正
ISBN 9784166609291
NCID BB13233454
書誌ID B000523261
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
戦後の国論を二分してきた憲法改正議論。とかく焦点は第9条と、改正手続きを定めた第96条に集まりがちだが、懸案は山積している。本書では世界の憲法動向に精通した著者が、国際比較を踏まえ、様々な新しい権利に対処しうる、この国の憲法の姿を提起する。

[目次]
第1章 憲法学者が日本を亡ぼす?
第2章 世界の憲法比較から見える日本国憲法
第3章 日本国憲法誕生の内幕
第4章 刷り込まれた護憲意識
第5章 安全保障法制の再構築に向けて
第6章 「この国のかたち」としての憲法
第7章 ここだけは改めたい―『改正要綱』の作成を通じて

 類似資料