このページのリンク

<図書>
インターネット・ゲーム イゾンショウ : ネトゲ カラ スマホ マデ
インターネット・ゲーム依存症 : ネトゲからスマホまで / 岡田尊司著
(文春新書 ; 995)

データ種別 図書
出版者 東京 : 文藝春秋
出版年 2014.12

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 493.937||O38 1000533790


東京あだち図書館(3F一般書架)新書 BS||995 2211088016


越谷_人間科学部33
1000605635

書誌詳細を非表示

出版年 2014.12
大きさ 294p : 挿図 ; 18cm
別書名 異なりアクセスタイトル:インターネットゲーム依存症
一般注記 主な参考文献: p292-294
本文言語 日本語
著者標目  岡田, 尊司(1960-) <オカダ, タカシ>
分 類 NDC8:493.937
NDC9:493.937
件 名 BSH:児童精神医学
BSH:依存症
BSH:インターネット
BSH:テレビゲーム
ISBN 9784166609956
NCID BB17518285
書誌ID B000543334
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
最新の画像解析により、衝撃的な事実が明らかになった―インターネット依存者の脳内で、覚醒剤依存者と同様の神経ネットワークの乱れが見られたのだ。二〇一三年、アメリカ精神医学会も診断基準に採用。国内推定患者数五百万人の脳を蝕む「現代の阿片」。日本の対策は遅れている。

[目次]
プロローグ やはり脳が壊されていた!
第1章 身近に溢れるインターネット・ゲーム依存症
第2章 デジタル・ヘロインの奴隷となって
第3章 二次性発達障害とデジタル認知症
第4章 はまるにはワケがある―依存する側の理由
第5章 蟻地獄の構造―万人がはまる合成麻薬
第6章 ネット、ゲーム依存症を予防する
第7章 ネット、ゲーム依存症を克服する
エピローグ 発達と愛着の課題がリンクするとき

 類似資料