このページのリンク

<図書>
チュウゴクジン ノ アタマ ノ ナカ
中国人の頭の中 / 青樹明子著
(新潮新書 ; 636)

データ種別 図書
出版者 東京 : 新潮社
出版年 2015.9

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 319.2201||A53 1000546267


東京あだち図書館(3F一般書架) 319.2201||A53 2211089561

書誌詳細を非表示

出版年 2015.9
大きさ 189p ; 18cm
本文言語 日本語
著者標目  *青樹, 明子(1955-) <アオキ, アキコ>
分 類 NDC8:319.2201
NDC9:319.2201
件 名 BSH:中国 -- 対外関係 -- 日本  全ての件名で検索
ISBN 9784106106361
NCID BB19500961
書誌ID B000562308
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
大嫌い、なのに大好き―。徹底した反日教育と、量産される「抗日ドラマ」の洗脳にもかかわらず、日本を訪れた中国人の大半は日本を好きになってしまう。それは、「憎むべき日本」が実在しなかったから。最大規模の反日デモの最中にも、日本食レストランには長蛇の列ができ、日本語学習者は増え続けた。「邪悪な日本兵」のステレオタイプと、安心安全の国への憧れの間で揺れる現代中国人の屈折に迫る。

[目次]
1 輝ける日本
2 メディアと中国人
3 「抗日ドラマ」の光と影
4 ごめんなさい、日本が好きになりました
5 安心安全の国
6 日系企業のイメージ
7 正しい日本の伝え方

 類似資料