このページのリンク

<図書>
シン ダツ アロン
新脱亜論 / 渡辺利夫著
(文春新書 ; 634)

データ種別 図書
出版者 東京 : 文藝春秋
出版年 2008.5

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(3F一般書架)新書 BS||634 2211069857

書誌詳細を非表示

出版年 2008.5
大きさ 307p : 肖像 ; 18cm
別書名 異なりアクセスタイトル:新脱亜論
本文言語 日本語
著者標目  渡辺, 利夫(1939-) <ワタナベ, トシオ>
分 類 NDC8:319.102
NDC9:319.102
件 名 BSH:日本 -- 対外関係 -- アジア(東部) -- 歴史  全ての件名で検索
ISBN 9784166606344
NCID BA85822624
書誌ID B000741263
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
いま東アジアは「坂の上の雲」と同じ舞台設定に立ち戻っている。福沢諭吉の「脱亜論」をはじめ、陸奥宗光、小村寿太郎などの明治の先人たちのしたたかなリアリズムに学ぼう。

[目次]
先祖返りする極東アジア地政学
陸奥宗光の日清戦争―機略と豪気
朝鮮近代化最後の挑戦―金玉均と福澤諭吉
東アジア勢力確執の現実―果てしなきロシアの野望
日露戦争と日英同盟―海洋国家同盟成立の意味
韓国併合への道程―併合は避けられたか
台湾割譲と近代化―日本の統治がもたらしたもの
第一次世界大戦とワシントン体制―追い込まれる日本
中国とはいかなる存在であったか―分裂と挑発
海洋国家同盟か大陸国家提携か―日本の選択
「東アジア共同体」という錯誤―中国の地域覇権主義を見据えよ
日米海洋国家同盟を守る―自衛権とは何か

 類似資料