このページのリンク

<図書>
スキヤバシ ジロウ スシ オ カタル
すきやばし次郎鮨を語る / 宇佐美伸著
(文春新書 ; 722)

データ種別 図書
出版者 東京 : 文藝春秋
出版年 2009.10

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(3F一般書架)新書 BS||722 2211074574

書誌詳細を非表示

出版年 2009.10
大きさ 215p : 肖像 ; 18cm
一般注記 読売新聞に平成二十年五月八日から二十二回連載された「時代の証言者 小野次郎」を基に大幅な加筆修正を行い構成も全面的に見直したもの
本文言語 日本語
著者標目  宇佐美, 伸 <ウサミ, シン>
ISBN 9784166607228
NCID BA91725327
書誌ID B000751978
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
「今が生涯で一番、鮨を握っている数が多い」と八十四歳の小野二郎は言う。七歳の時に奉公に出され、小学生ながら出張料理を任されたという半生には、今や失われつつある美しい日本人の姿がある。世界最高峰の職人が語る箴言の数々。

[目次]
第1章 「次郎」の握りを考える
第2章 すきやばし次郎、鮨を語る(ミシュランの星
店の顔
ウルカ
佐久間村
利き腕 ほか)
第3章 小野二郎の人間像