このページのリンク

<図書>
ダイハッケン ノ シコウホウ : iPS サイボウ vs ソリュウシ
「大発見」の思考法 : iPS細胞vs.素粒子 / 山中伸弥, 益川敏英著
(文春新書 ; 789)

データ種別 図書
出版者 東京 : 文藝春秋
出版年 2011.1

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(3F一般書架)新書 BS||789 2211078432

書誌詳細を非表示

出版年 2011.1
大きさ 206p ; 18cm
別書名 異なりアクセスタイトル:大発見の思考法 : iPS細胞vs.素粒子
本文言語 日本語
著者標目  山中, 伸弥(1962-) <ヤマナカ, シンヤ>
 益川, 敏英(1940-) <マスカワ, トシヒデ>
分 類 NDC8:404
NDC9:404
件 名 BSH:科学
ISBN 9784166607891
NCID BB04593390
書誌ID B000761628
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
トップクォークの存在を予言しノーベル賞を受賞した物理学者と、二十一世紀最大の偉業といわれるiPS細胞の生みの親。世界が注目する二人が初めて語り合った。大発見はどうやって生まれるか。生命の神秘はどこまで解明できるのか。考えるとは、感動することだ―。

[目次]
第1章 大発見はコロンブスの卵から
第2章 「無駄」が僕たちをつくった
第3章 考えるとは感動することだ
第4章 やっぱり一番じゃなきゃダメ
第5章 うつと天才
終章 神はいるのか

 類似資料