このページのリンク

<図書>
ウホホイ シネ クラブ : マチバ ノ エイガロン
うほほいシネクラブ : 街場の映画論 / 内田樹著
(文春新書 ; 826)

データ種別 図書
出版者 東京 : 文藝春秋
出版年 2011.10

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(3F一般書架)新書 BS||826 2211080250

書誌詳細を非表示

出版年 2011.10
大きさ 397p ; 18cm
一般注記 映画名索引: 巻末
本文言語 日本語
著者標目  内田, 樹(1950-) <ウチダ, タツル>
分 類 NDC8:778.2
NDC9:778.2
件 名 BSH:映画
ISBN 9784166608263
NCID BB07061310
書誌ID B000765720
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
「映画は、映画について語られることを欲望しているジャンルである」が持論の著者が、長年、書きためた映画評の中から自ら厳選。画期的な小津安二郎論10本を含む187本。

[目次]
第1章 うほほいシネクラブ(『2046』
『きみに読む物語』
『ミリオンダラー・ベイビー』 ほか)
第2章 街場の映画論(ラス・メイヤーとクリント・イーストウッド
『お早よう』再見
『冬のソナタ』と複式夢幻能 ほか)
第3章 小津安二郎断想(通過儀礼としての小津映画
大人の教科書
食卓の儀礼 ほか)
第4章 おとぼけ映画批評(『アニマル・ハウス』&『ブルース・ブラザース』
『アナコンダ』
『ゲーム』 ほか)

 類似資料