このページのリンク

<図書>
ネジ ト ジンコウ エイセイ : セカイイチ ノ コウバマチ オ アルク
ネジと人工衛星 : 世界一の工場町を歩く / 塩野米松著
(文春新書 ; 877)

データ種別 図書
出版者 東京 : 文藝春秋
出版年 2012.9

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(3F一般書架)新書 BS||877 2211082788

書誌詳細を非表示

出版年 2012.9
大きさ 221p ; 18cm
一般注記 初出誌: 「本の話」平成22年12月号~23年10月号および「本の話」WEB
本文言語 日本語
著者標目  塩野, 米松(1947-) <シオノ, ヨネマツ>
分 類 NDC8:509.2163
NDC9:509.2163
件 名 BSH:東大阪市 -- 工業  全ての件名で検索
ISBN 9784166608775
NCID BB1021409X
書誌ID B000770971
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
工場密度日本一の町・東大阪市高井田では、ネジ、バネ、パチンコ玉から新幹線・航空機の部品、小型人工衛星まで多彩な製品が産み出されている。不況、大手メーカーの海外移転、アジア勢の猛追…。数々の苦境を乗り越えながら「モノ作りニッポン」の原点を守る人々を描く。

[目次]
第1章 信用。(スプリング製造 竹山保さん・一成さん―ええもん納めて金もらうのが日本人のお金の儲け方や。
精密部品、金型等の金属表面処理 水野晃さん・理志さん―僕らの世界でミリっていうのは、みなさんのメートルぐらいの感覚です。
金属加工、試作品・単品・小ロットの製造 奥村義久さん―「あんたんとこ過剰品質や」言う人いてますよね。
ネジ製造―注文は数やなくて、キロ単位。何個あるかはわからんわけです。)
第2章 技術。(金型肉盛り、修理 川勝親さん―10年に1回しか使わんような材料も置いてます。
機械部品製造、アルミダイキャスト等の鋳造 谷村佳昭さん・和彦さん―ただ図面どおり作ってるんじゃ使えないんです。
金型製造 大垣貴嗣さん―うちのような商売がなかったらロケットも作られへんやろうし。)
第3章 矜持。(鋼球、プラスチック球製造 佐藤和彦さん―最終的には検査は人間の目でしか無理なんですよ。
銅合金鋳造 上田富雄さん―材料も僕は1軒からしか買いません。
鉄道用電車金具製造 濱谷和也さん―中国には、こちらから積極的に技術支援しています。
航空機機体部加工、金型・設備装置設計製造 青木理さん―うちの名前が知られたのは、人工衛星「まいど1号」の件ですね。
スプリング製造、販売全般 笠井潔さん・洋子さん―うちしか出来ないから高くいただきますってことは通用しないですね。
リサイクル用粉砕器・破壊機の製造販売 鈴木雅之さん―うちは「もったいない」の老舗、世の中が後からついてきたんです。)

 類似資料