このページのリンク

<図書>
プロヤキュウ ショウゲキ ノ ショウワシ
プロ野球「衝撃の昭和史」 / 二宮清純著
(文春新書 ; 881)

データ種別 図書
出版者 東京 : 文藝春秋
出版年 2012.10

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(3F一般書架)新書 BS||881 2211082995

書誌詳細を非表示

出版年 2012.10
大きさ 232p ; 18cm
別書名 異なりアクセスタイトル:プロ野球衝撃の昭和史
本文言語 日本語
著者標目  二宮, 清純(1960-) <ニノミヤ, キヨスミ>
分 類 NDC8:783.7
NDC9:783.7
件 名 BSH:野球
ISBN 9784166608812
NCID BB10466693
書誌ID B000771434
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
数々のドラマに彩られた昭和のプロ野球。江夏の21球は球史に残る名勝負として称えられ、巨人の大エース沢村の名は今も褪せることがない―。だが、その舞台裏には、これまで明かされることのなかった新事実が埋もれていた。

[目次]
江夏の二十一球は十四球のはずだった―球史に残る日本シリーズ「広島vs.近鉄」封印された真実
沢村栄治、戦場に消えた巨人への恩讐―「温厚だった父が“許せない”と…」ひとり娘が語り始めた
天覧試合、広岡が演出した長嶋の本塁打―八回表一死二、三塁。絶体絶命のピンチに仕掛けられたトリック
初めて明かされる「大杉のホームランの真相」―「一〇〇%ファウルだった」七八年日本シリーズ1時間19分中断の舞台裏
江川の投じた最速の一球―「百マイル出ていた」怪物が渾身のボールを投げられたわけ
宿敵阪急を破った野村野球の原点―七三年プレーオフで魅せた“弱者は敗者に非ず”の真骨頂
遺恨試合オリオンズvs.ライオンズ、カネやん大乱闘の仕掛け人―貧乏球団はなりふりかまわぬ観客動員アップ作戦を決行した
落合博満に打撃の師匠がいた―見て盗んだ“オレ流”バッティングの原点
ジャイアント馬場は好投手だった―巨人の星を目指した若者がたどった数奇な運命
打倒王貞治「背面投げ」の誕生―「角度を変えて投げる」バッテリーが編み出した秘策は通用したか
三連勝四連敗、近鉄加藤「巨人はロッテより弱い」発言の真相―「発言に後悔はしていませんが…」“猛牛”を襲った負の連鎖
「清原バット投げ事件」の伏線―「インコース攻めで、ぶつけられてばかり」清原は先輩に弱音を漏らしていた

 類似資料