このページのリンク

<図書>
メイトウ コテツ
名刀虎徹 / 小笠原信夫著
(文春新書 ; 917)

データ種別 図書
出版者 東京 : 文藝春秋
出版年 2013.5

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(3F一般書架)新書 BS||917 2211084367

書誌詳細を非表示

出版年 2013.5
大きさ 219p : 挿図 ; 18cm
一般注記 参考文献: p209-211
本文言語 日本語
著者標目  小笠原, 信夫(1939-) <オガサワラ, ノブオ>
分 類 NDC8:756.6
件 名 NDLSH:刀剣
ISBN 9784166609178
NCID BB12444840
書誌ID B000775244
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
刀工として正宗と並び称される長曽祢虎徹。越前の甲胄師から五十歳で江戸の刀鍛冶に転じたといい、殺人犯説もある謎に満ちた生涯。太平の世にありながら、あくまで斬れ味にこだわった作風。井伊直弼、近藤勇、勝海舟、犬養木堂らに愛されたその魅力―。伝説の刀匠の核心に迫る。

[目次]
第1章 虎徹の生涯
第2章 技の神髄
第3章 「試し斬り」について
第4章 変遷・彫物・門人
第5章 江戸の刀鍛冶
第6章 虎徹の名刀十口
第7章 業物への執念
第8章 虎徹異聞

 類似資料