このページのリンク

<図書>
カラダ ノ ナカ ノ ガイカイ チョウ ノ フシギ : サイダイ ノ メンエキ キカン ニシテ ダイニ ノ ゲノム カクノウコ
からだの中の外界腸のふしぎ : 最大の免疫器官にして第二のゲノム格納庫 / 上野川修一著
(ブルーバックス ; B-1812)

データ種別 図書
出版者 東京 : 講談社
出版年 2013.4

所蔵情報を非表示



湘南図書館(2F文庫新書コーナー) K||BB||1812 2211083930

書誌詳細を非表示

出版年 2013.4
大きさ 213p : 挿図 ; 18cm
別書名 背表紙タイトル:腸のふしぎ : からだの中の外界 : 最大の免疫器官にして第二のゲノム格納庫
一般注記 参考図書: p205-207
本文言語 日本語
著者標目  上野川, 修一(1942-) <カミノガワ, シュウイチ>
分 類 NDC8:493.46
NDC9:493.46
件 名 BSH:
NDLSH:
NDLSH:腸内細菌
ISBN 9784062578127
NCID BB12231191
書誌ID B000775382
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
年間1トンもの食べ物を消化・吸収し、たえず病原菌にもさらされる「内なる外」=腸。眼や口、呼吸器にまで目を光らせる最強の免疫器官であり、独自の遺伝子をもつ「腸内細菌」との共進化の場でもある。1億個ものニューロンを擁し、「第二の脳」とも呼ばれる驚異の「腸」能力とは。

[目次]
第1章 腸は進化しつづけてきた―からだの中の「外界」はどうできたか
第2章 いのちをつくる腸の働き―驚異の消化・吸収力
第3章 腸はいつも考えている―1億個のニューロンに支えられた「第二の脳」
第4章 腸はからだを守っている―人体最大の免疫器官
第5章 共生者「腸内細菌」の素顔―「第二のゲノム」のすごい働き
第6章 腸の働きが低下したら…?
第7章 腸内細菌で健康になる

 類似資料