このページのリンク

<図書>
キセイ カイカク デ ナニ ガ カワル ノカ
規制改革で何が変わるのか / 八代尚宏著
(ちくま新書 ; 1024)

データ種別 図書
出版者 東京 : 筑摩書房
出版年 2013.8

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(3F一般書架)新書 CHS||1024 2211085054

書誌詳細を非表示

出版年 2013.8
大きさ 188p : 挿図 ; 18cm
一般注記 参考文献: p187-188
本文言語 日本語
著者標目  八代, 尚宏(1946-) <ヤシロ, ナオヒロ>
分 類 NDC8:332.107
NDC9:332.107
件 名 BSH:経済政策 -- 日本  全ての件名で検索
ISBN 9784480067302
NCID BB13133278
書誌ID B000776398
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
規制改革は「格差を拡大させる」という常識が日本に蔓延している。規制で守られているのは「弱者」であり、市場競争に晒せば弱肉強食の社会になってしまうというイメージがあるためだ。しかし規制は真に「弱者」を守っているのか。特定産業を保護することは、本当に公平なのか。本書は労働、農業、医療、介護・保育、教育、都市・住宅の争点を、肯定派/否定派の対立点から読み解いていく。そこから対立を超えた競争と成長のビジョンを示し、日本の未来を明晰に解き明かす。

[目次]
第1章 労働市場の規制改革―企業への規制は雇用を守るか
第2章 農業の規制改革―関税徹廃は日本農業を破壊するか
第3章 医療の規制改革―患者の利益をいかに尊重するか
第4章 介護・保育の規制改革―社会全体でどう担うか
第5章 教育の規制改革―市場競争は教育を阻害するか
第6章 都市・住宅の規制改革―土地の高度利用はどう進むか
第7章 規制改革を推進するために

 類似資料