このページのリンク

<図書>
ニホンガタ モノズクリ ノ ハイボク : ゼロセン・ハンドウタイ・テレビ
日本型モノづくりの敗北 : 零戦・半導体・テレビ / 湯之上隆著
(文春新書 ; 942)

データ種別 図書
出版者 東京 : 文藝春秋
出版年 2013.10

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(3F一般書架)新書 BS||942 2211085486

書誌詳細を非表示

出版年 2013.10
大きさ 255p ; 18cm
別書名 異なりアクセスタイトル:日本型モノづくりの敗北 : 零戦半導体テレビ
一般注記 主な参考文献: p255
本文言語 日本語
著者標目  湯之上, 隆(1961-) <ユノガミ, タカシ>
分 類 NDC9:549.8
件 名 NDLSH:半導体
ISBN 9784166609420
NCID BB1369553X
書誌ID B000777448
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
「日本の技術力は高い」―。世界では言われているが、なぜ半導体・電機業界が壊滅したのか?日立の技術者から学界に転じた著者が、零戦やサムスン、インテル等を例にとりながら日本の問題点を抉るとともに復活のための処方箋を提示する。

[目次]
第1章 私の半導体技術者人生
第2章 半導体とはいったい何か?
第3章 DRAM敗戦と技術文化
第4章 エルピーダとサムスン電子の違い
第5章 変わらない日本の技術文化
第6章 テレビ産業が壊滅したわけ
第7章 インテルの危機とファンドリー覇権争い
第8章 日本の強い技術力はどこにある?
第9章 イノベーションを起こすには

 類似資料