このページのリンク

<図書>
シュト スイボツ
首都水没 / 土屋信行著
(文春新書 ; 980)

データ種別 図書
出版者 東京 : 文藝春秋
出版年 2014.8

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(3F一般書架)新書 BS||980 2211087418

書誌詳細を非表示

出版年 2014.8
大きさ 249p : 挿図 ; 18cm
一般注記 参考文献: p247-249
本文言語 日本語
著者標目  土屋, 信行 <ツチヤ, ノブユキ>
件 名 NDLSH:洪水
NDLSH:東京都
ISBN 9784166609802
NCID BB16339065
書誌ID B000783378
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
ゼロメートル地帯が4割を占め、多数の地下鉄が走る東京は、きわめて水害に弱い構造である。仮に利根川で氾濫が起きれば、浸水区域内人口約230万人、死者数約6300人という膨大な数になると予想されるのだ。首都水没、驚愕のシミュレーション!

[目次]
第1章 山の手にも洪水は起こる
第2章 東京は世界一危ない場所にある
第3章 地球温暖化で首都は壊滅する!
第4章 利根川の東遷事業が東京を危険都市にした
第5章 雨が降らなくても洪水になる「地震洪水」
第6章 なぜ東京は世界一危ないのか?
第7章 東京の三大水害に学ぶ―明治43年の「東京大水害」/大正6年の「大海嘯」/昭和22年の「カスリーン台風」
第8章 洪水は流域一帯で起こっている!
第9章 強靱な日本を創るために

 類似資料