このページのリンク

<図書>
ショウワ テンノウ ジツロク ノ ナゾ オ トク
「昭和天皇実録」の謎を解く / 半藤一利 [ほか] 著
(文春新書 ; 1009)

データ種別 図書
出版者 東京 : 文藝春秋
出版年 2015.3

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(3F一般書架)新書 BS||1009 2211088312

書誌詳細を非表示

出版年 2015.3
大きさ 302p : 挿図 ; 18cm
別書名 異なりアクセスタイトル:昭和天皇実録の謎を解く
一般注記 その他の著者: 保阪正康, 御厨貴, 磯田道史
本文言語 日本語
著者標目  *半藤, 一利(1930-) <ハンドウ, カズトシ>
 保阪, 正康(1939-) <ホサカ, マサヤス>
 御厨, 貴(1951-) <ミクリヤ, タカシ>
 磯田, 道史(1970-) <イソダ, ミチフミ>
分 類 NDC8:288.41
NDC9:288.41
件 名 BSH:昭和天皇実録
ISBN 9784166610099
NCID BB1828434X
書誌ID B000786862
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
87年の生涯にわたり、日々の動静を克明に記した「昭和天皇実録」。史実として認められたことがある一方で、書かれなかったことも。昭和史の知識と経験が豊富な4人が、1万2千ページの厖大な記録に挑む。

[目次]
第1章 明治三十四年〜大正元年―初めて明かされる幼年期の素顔
第2章 大正十年〜昭和十六年―青年期の栄光と挫折
第3章 昭和六年〜昭和十一年―昭和天皇の三つの「顔」
第4章 昭和十二年〜昭和十六年―世界からの孤立を止められたか
第5章 昭和十六年―開戦へと至る心理
第6章 昭和十七年〜昭和二十年―天皇の終戦工作
第7章 昭和二十年〜昭和二十二年―八月十五日を境にして
第8章 昭和二十年〜昭和六十三年―“記憶の王”として

 類似資料