このページのリンク

<図書>
フビョウドウ トノ タタカイ : ルソー カラ ピケティ マデ
不平等との闘い : ルソーからピケティまで / 稲葉振一郎著
(文春新書 ; 1078)

データ種別 図書
出版者 東京 : 文藝春秋
出版年 2016.5

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 331.85||I51 1000555582


東京あだち図書館(3F一般書架)新書 BS||1078 2211091385

書誌詳細を非表示

出版年 2016.5
大きさ 248, vip : 挿図, 肖像 ; 18cm
一般注記 参考文献:巻末pi-vi
本文言語 日本語
著者標目  稲葉, 振一郎(1963-) <イナバ, シンイチロウ>
分 類 NDC8:331.85
NDC9:331.85
件 名 BSH:分配
ISBN 9784166610785
NCID BB21252454
書誌ID B000826344
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
不平等や格差の議論は、そもそも、いつから、誰がしてきたのか―。トマ・ピケティ『21世紀の資本』で火がついた「不平等との闘い」二六〇年の学問的軌跡を、丹念に紐解く。

[目次]
はじめに―ピケティから、ルソーとスミスへ
スミスと古典派経済学―「資本主義」の発見
マルクス―労働力商品
新古典派経済学
経済成長をいかに論じるか
人的資本と労働市場の階層構造
不平等ルネサンス(「クズネッツ曲線」以後
成長と格差のトイ・モデル
資本市場の完成か、再分配か)
ピケティ『21世紀の資本』
ピケティからこころもち離れて

 類似資料