このページのリンク

<図書>
モンダイ ワ エイコク デワ ナイ、EU ナノダ : 21セイキ ノ シン・コッカロン
問題は英国ではない、EUなのだ : 21世紀の新・国家論 / エマニュエル・トッド著 ; 堀茂樹訳
(文春新書 ; 1093)

データ種別 図書
出版者 東京 : 文藝春秋
出版年 2016.9

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(3F一般書架)新書 BS||1093 2211092495


越谷_人間科学部07
1000558943


越谷_人間科学部07
1000563189


越谷_人間科学部31
1000560000


あだち_国際学部09
2211103310

書誌詳細を非表示

出版年 2016.9
大きさ 254p ; 18cm
別書名 異なりアクセスタイトル:問題は英国ではないEUなのだ : 21世紀の新国家論
異なりアクセスタイトル:問題は英国ではない、EUなのだ : 21世紀の新・国家論
本文言語 日本語
著者標目  Todd, Emmanuel, 1951-
 堀, 茂樹 <ホリ, シゲキ>
分 類 NDC9:304
ISBN 9784166610938
NCID BB22083920
書誌ID B000835622
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
英国EU離脱とトランプ旋風は、英米という発祥地でのグローバリズムの終焉と「国家」への回帰を意味する。家族構造の変遷が明らかにする「国家」の重要性。未来は歴史から見えてくる!

[目次]
日本の読者へ―新たな歴史的転換をどう見るか?
1 なぜ英国はEU離脱を選んだのか?
2 「グローバリゼーション・ファティーグ」と英国の「目覚め」
3 トッドの歴史の方法―「予言」はいかにして可能なのか?
4 人口学から見た二〇三〇年の世界―安定化する米・露と不安定化する欧・中
5 中国の未来を「予言」する―幻想の大国を恐れるな
6 パリ同時多発テロについて―世界の敵はイスラム恐怖症だ
7 宗教的危機とヨーロッパの近代史―自己解説『シャルリとは誰か?』

 類似資料