このページのリンク

<図書>
アベ シンゾウ ホシュ ノ ショウタイ : キシ ノブスケ ノ DNA トワ ナニ カ
安倍晋三「保守」の正体 : 岸信介のDNAとは何か / 菊池正史著
(文春新書 ; 1115)

データ種別 図書
出版者 東京 : 文藝春秋
出版年 2017.1

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(3F一般書架)新書 BS||1115 2211093198

書誌詳細を非表示

出版年 2017.1
大きさ 254p ; 18cm
別書名 異なりアクセスタイトル:安倍晋三保守の正体
本文言語 日本語
著者標目  菊池, 正史 <キクチ, マサシ>
分 類 NDC8:312.1
NDC9:312.1
件 名 BSH:岸, 信介
BSH:日本 -- 政治・行政 -- 歴史  全ての件名で検索
BSH:保守主義
ISBN 9784166611157
NCID BB22868435
書誌ID B000845849
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
衆参両院で三分の二の改憲勢力を確保した安倍総理は、本当に「憲法改正」に向うのか。安倍総理が「受け継ぐ」と公言する祖父・岸信介の思想と、戦後日本を築き上げた「戦後保守」の思想とを検証しつつ、国民を幸せにするのはどちらの「保守」かを考える。

[目次]
第1章 岸信介の保守(反米
真の独立 ほか)
第2章 戦後保守(大衆とエリート
政治の大衆化と調整型リーダー ほか)
第3章 岸的「保守」の断絶(岸の後継者 福田赳夫
岸的保守の断絶 ほか)
第4章 異端児たちの挑戦(中曽根行革
コンセンサス政治の崩壊 ほか)
第5章 迷走する戦後保守(小泉構造改革
戦後体制脱却への可能性 ほか)

 類似資料