このページのリンク

<図書>
ソレデモ コノヨ ワ ワルク ナカッタ
それでもこの世は悪くなかった / 佐藤愛子著
(文春新書 ; 1116)

データ種別 図書
出版者 東京 : 文藝春秋
出版年 2017.1

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(3F一般書架)新書 BS||1116 2211093199

書誌詳細を非表示

出版年 2017.1
大きさ 183p ; 18cm
別書名 異なりアクセスタイトル:それでもこの世は悪くなかった
本文言語 日本語
著者標目  佐藤, 愛子(1923-) <サトウ, アイコ>
分 類 NDC8:914.6
NDC9:914.6
ISBN 9784166611164
NCID BB22868548
書誌ID B000845850
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
人から見れば悲劇かもしれない人生。しかし、正々堂々、力いっぱい生きた私はいま、満足だ―こんな佐藤愛子は、どうしてできた?93歳、初の語り下ろし人生論。

[目次]
第1章 私をつくった言葉(「どうしてもせんならんということが、世の中にはおますのやで」
「豆腐屋のオッサンかて校長先生かて、おんなじ人間ですがな」
「カネカネと言う奴にロクな奴はいない」 ほか)
第2章 幸福とは何か(勘定知らずも才能の一つ
金がなくても「しょがないもなあ」
父は狂い犬、娘は暴れ猪 ほか)
第3章 死とは何か(ヘンな友だちは、みないなくなった
遠藤周作と七色の小便
川上宗薫の妻は「水腹」? ほか)

 類似資料