このページのリンク

<図書>
モンブショウ ノ ケンキュウ : リソウ ノ ニホンジンゾウ オ モトメタ ヒャクゴジュウネン
文部省の研究 : 「理想の日本人像」を求めた百五十年 / 辻田真佐憲著
(文春新書 ; 1129)

データ種別 図書
出版者 東京 : 文藝春秋
出版年 2017.4

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 317.27||Ts48 1000567387


東京あだち図書館(3F一般書架)新書 BS||1129 2211094384

書誌詳細を非表示

出版年 2017.4
大きさ 267p : 挿図 ; 18cm
別書名 異なりアクセスタイトル:文部省の研究「理想の日本人像」を求めた百五十年
異なりアクセスタイトル:文部省の研究 : 理想の日本人像を求めた百五十年
一般注記 主要参考文献: p260-267
本文言語 日本語
著者標目  辻田, 真佐憲(1984-) <ツジタ, マサノリ>
分 類 NDC9:373.2
NDC9:317.271
NDC9:317.27
件 名 BSH:教育行政 -- 歴史  全ての件名で検索
BSH:文部科学省
ISBN 9784166611294
NCID BB23475609
書誌ID B000849785
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
独立独歩で生きて行く個人(明治の初め)、天皇に奉仕する臣民(戦前の昭和)、平和と民主主義の担い手(終戦直後)、熱心に働く企業戦士(高度成長期)…。「理想の日本人像」を追い求めてきた文部省百五十年の歴史を検証すれば、私たちの未来の姿が見えてくる!

[目次]
第1章 文部省の誕生と理想の百家争鳴(一八六八〜一八九一年)―「学制前文」から「教育勅語」まで
第2章 転落する文部省、動揺する「教育勅語」(一八九二〜一九二六年)―「戊申詔書」から「国民精神作興詔書」まで
第3章 思想官庁の反撃と蹉跌(一九二六〜一九四五年)―『国体の本義』から『臣民の道』まで
第4章 文部省の独立と高すぎた理想(一九四五〜一九五六年)―「教育基本法」から「国民実践要領」まで
第5章 企業戦士育成の光と影(一九五六〜一九九〇年)―「期待される人間像」から「臨教審答申」まで
第6章 グローバリズムとナショナリズムの狭間で(一九九一〜二〇一七年)―「教育改革国民会議報告」から「改正教育基本法」まで

 類似資料