このページのリンク

<図書>
ロウジン ノ トリアツカイ セツメイショ
老人の取扱説明書 / 平松類著
(SB新書 ; 403)

データ種別 図書
出版者 東京 : SBクリエイティブ
出版年 2017.9

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2Fブラウジング) も3 1000570392

書誌詳細を非表示

出版年 2017.9
大きさ 223p ; 18cm
一般注記 参考文献: p221-223
本文言語 日本語
著者標目  平松, 類 <ヒラマツ, ルイ>
分 類 NDC8:493.18
NDC9:493.185
件 名 BSH:老年医学
BSH:老化
ISBN 9784797392449
NCID BB24531159
書誌ID B000861096
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
老いた親の行動に、諦めなくて済む!高齢者の困った行動の原因となるのは、ほとんどが認知症や頑固な性格よりも、老化による体の変化「老化の正体」だったのです。本書では、この「老化の正体」と、その対処法として手軽にできる方法を、医学的にやさしく解説しています。これらを知ることで、周囲の人はイライラせずに冷静に対処できますし、高齢者本人は卑屈になることが減ります。これまでの本といえば、認知症や老人の心理にとどまるものがほとんどでしたが、体の細部にまで踏み込んだのは本書がはじめてです。

[目次]
第1章 老人の困った行動3大ド定番(都合の悪いことは聞こえないふりをする。
突然、「うるさい!」と怒鳴る。でも、本人たちは大声で話す。 ほか)
第2章 いじわる(「私なんて、いても邪魔でしょ?」など、ネガティブな発言ばかりする。
せっかくつくってあげた料理に醤油やソースをドボドボとかける。 ほか)
第3章 周りが大迷惑(信号が赤に変わったのに、ゆっくり渡っている。信号が元々赤なのに、堂々と渡ってくる。
指摘はできないが、口がそこそこ臭い。 ほか)
第4章 見ていて怖い、心配…(自分の家の中など、「えっ、そこで!?」と思うような場所でよく転ぶ。
お金がないという割に無駄遣いが激しい。 ほか)

 類似資料