このページのリンク

<図書>
ベートーヴェン オ キケバ セカイシ ガ ワカル
ベートーヴェンを聴けば世界史がわかる / 片山杜秀著
(文春新書 ; 1191)

データ種別 図書
出版者 東京 : 文藝春秋
出版年 2018.11

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(3F一般書架)新書 BS||1191 2211100990

書誌詳細を非表示

出版年 2018.11
大きさ 239p : 肖像 ; 18cm
本文言語 日本語
著者標目  片山, 杜秀(1963-) <カタヤマ, モリヒデ>
分 類 NDC8:762.3
NDC9:762.3
NDC10:762.3
件 名 BSH:音楽 -- 歴史  全ての件名で検索
ISBN 9784166611911
NCID BB27240924
書誌ID B000887449
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
ベートーヴェン「第九」が起こした革命とは?グローバリズムに牙をむいた怪物ワーグナー、自作の讃美歌で宗教改革を広めたルター、「音楽の父」バッハは時代から浮いていた、就職活動で苦しんだモーツァルト、ロンドン市民の居眠りをやめさせたハイドンの秘策、シェーンベルクは妻の不倫に悩んで、メロディを破壊した!?など、大作曲家たちの意外な素顔から解き明かす画期的な世界史!

[目次]
序章 クラシックを知れば世界史がわかる
第1章 グレゴリオ聖歌と「神の秩序」
第2章 宗教改革が音楽を変えた
第3章 大都市と巨匠たち
第4章 ベートーヴェンの時代
第5章 ロマン派と新時代の市民
第6章 “怪物”ワーグナーとナショナリズム
第7章 二十世紀音楽と壊れた世界

 類似資料