このページのリンク

<図書>
ナゼ ニホン ノ カイシャ ワ セイサンセイ ガ ヒクイ ノカ
なぜ日本の会社は生産性が低いのか? / 熊野英生著
(文春新書 ; 1202)

データ種別 図書
出版者 東京 : 文藝春秋
出版年 2019.1

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(3F一般書架)新書 BS||1202 2211101604

書誌詳細を非表示

出版年 2019.1
大きさ 236p : 挿図 ; 18cm
一般注記 参考文献: p235-236
本文言語 日本語
著者標目  熊野, 英生(1967-) <クマノ, ヒデオ>
分 類 NDC8:336.2
NDC9:336.2
NDC10:336.2
件 名 BSH:生産性
ISBN 9784166612024
NCID BB27562997
書誌ID B000891249
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
もはや先進国最低レベルに堕落してしまった日本のカイシャの生産性。蔓延する長時間労働、個人に膨大な仕事量を求める会社、それでも給料が上がらないのは一体なぜなのか?働けど働けど報われない…そんなあなたに効く最高の処方箋!

[目次]
はじめに 「生産性の低下」で日本は貧しくなっている
第1章 日本企業はなぜ生産性が低いのか?(堕落した日本企業
ワンオペ化する日本企業の現場)
第2章 生産性とは何だろう?(かゆいところに手が届かない経済理論
生産性を捉え直す)
第3章 「働き方改革」の錯覚(「働き方改革」は生産性を高めるか
生産性上昇は個人任せでよいのか ほか)
第4章 生産性を上げるにはどうすべきか?(人材育成と組織改編
無形資産の生み出すもの ほか)

 類似資料