このページのリンク

<図書>
ナゼ ヒッパイ ノ センソウ オ ハジメタ ノカ : リクグン エリート ショウコウ ハンセイ カイギ
なぜ必敗の戦争を始めたのか : 陸軍エリート将校反省会議 / 半藤一利編・解説
(文春新書 ; 1204)

データ種別 図書
出版者 東京 : 文藝春秋
出版年 2019.2

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(3F一般書架)新書 BS||1204 2211102326

書誌詳細を非表示

出版年 2019.2
大きさ 317p ; 18cm
本文言語 日本語
著者標目  半藤, 一利(1930-) <ハンドウ, カズトシ>
分 類 NDC8:396.21
NDC9:396.21
NDC10:396.21
件 名 BSH:陸軍 -- 日本  全ての件名で検索
BSH:太平洋戦争(1941-1945)
ISBN 9784166612048
NCID BB27769270
書誌ID B000894605
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
陸軍参謀たちによる幻の座談会があった。雑誌『偕行』に掲載された「大東亜戦争の開戦の経緯」が初の書籍化。なぜ無謀といわれるアメリカとの戦争に突入したのか、陸軍中枢にいたエリートが真実を語り尽くす。昭和史の第一人者、半藤一利氏による書き下ろし解説付き。

[目次]
第1章 三国同盟―積極的ではなかった陸軍
第2章 北部仏印進駐―海軍とのかけひき
第3章 南部仏印進駐―アメリカの反応を見誤る
第4章 独ソ開戦―「北進」か「南進」か
第5章 御前会議―まだ開戦に慎重だった陸軍
第6章 東条内閣の成立―開戦への決意
第7章 対米開戦―いかにして戦争を終わらせようとしたのか

 類似資料