このページのリンク

<図書>
コッカ ワ イカニ「クスノキ マサシゲ」オ ツクッタ ノカ : ヒジョウジ ニホン ノ ナンコウ スウハイ
国家はいかに「楠木正成」を作ったのか : 非常時日本の楠公崇拝 / 谷田博幸著

データ種別 図書
出版者 東京 : 河出書房新社
出版年 2019.2

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(2F一般書架) 210.7||Ta88 2111142192

書誌詳細を非表示

出版年 2019.2
大きさ 349p : 挿図, 肖像 ; 20cm
別書名 異なりアクセスタイトル:国家はいかに楠木正成を作ったのか : 非常時日本の楠公崇拝
一般注記 参考文献: p332-349
本文言語 日本語
著者標目  谷田, 博幸(1954-) <タニタ, ヒロユキ>
分 類 NDC8:210.7
NDC9:210.7
NDC10:210.7
件 名 BSH:楠木, 正成
BSH:日本 -- 歴史 -- 昭和時代  全ての件名で検索
BSH:尊王論
ISBN 9784309227573
NCID BB27762952
書誌ID B000907768
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
「戦後」の終焉を新たな「戦前」の始まりとしないために。「玉砕」も「特攻」も「散華」も、「楠公精神」から派生した。国家、学者、作家が、こぞって楠木正成を称揚した経緯を検証する!!

[目次]
第1章 「逆賊」礼賛―中島久萬吉商工相の「尊氏問題」(中島久萬吉
波乱の貴族院本会議 ほか)
第2章 楠木正成はいかに教えられたか―臣民教育の中の大楠公(国史教科書の中の楠公父子
楠木正成はいかに教えられたか)
第3章 非常時の祝祭―楠公顕彰の立役者たち(言論報国七〇年―徳富蘇峰
昭和の楠木正成―荒木貞夫 ほか)
第4章 昭和太平記―非常時「楠公小説」案内(菊池寛
直木三十五 ほか)
終章 祭りのあと―大鳥居崩落(湊川神社と藤巻正之宮司
大鳥居の建設、そして崩落 ほか)

 類似資料