このページのリンク

<図書>
ヒト ワ 120サイ マデ イキラレル ノカ : セイメイ カガク ノ サイゼンセン
ヒトは120歳まで生きられるのか : 生命科学の最前線 / 田原総一朗著
(文春新書 ; 1235)

データ種別 図書
出版者 東京 : 文藝春秋
出版年 2019.10

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(3F一般書架)新書 BS||1235 2211104676

書誌詳細を非表示

出版年 2019.10
大きさ 202p ; 18cm
一般注記 『文藝春秋』2018年11月号から2019年3月号まで掲載された「生命科学最前線 ヒトは120歳まで生きるか」に大幅に加筆し、新たに6章を加えたもの。
本文言語 日本語
著者標目  田原, 総一朗(1934-) <タハラ, ソウイチロウ>
分 類 NDC8:490.4
NDC9:490.4
NDC10:490.4
件 名 BSH:生命科学
ISBN 9784166612352
NCID BB29051547
書誌ID B000908794
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
ゲノム編集、iPS細胞、デザイナーベビー、ヒトゲノム…名前だけは誰もが知っている生命科学の課題に、日本の最高峰の研究者たちが易しく答える。人間はどこまで変わっていくのか、その時、世の中はどう変わるのか!?

[目次]
第1章 ゲノム編集によって世界が変わった
第2章 iPS細胞の開発がもたらしたもの
第3章 iPS細胞による「心不全」治療
第4章 がん治療はここまで進歩する
第5章 遺伝子の改変はどこまで許されるのか
第6章 人はどのようにして百二十歳社会を生きるのか

 類似資料