このページのリンク

<図書>
チテキ サイブソウ 60 ノ ヒント
知的再武装60のヒント / 池上彰, 佐藤優著
(文春新書 ; 1254)

データ種別 図書
出版者 東京 : 文藝春秋
出版年 2020.3

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(3F一般書架)新書 BS||1254 2211106460

書誌詳細を非表示

出版年 2020.3
大きさ 255p : 挿図 ; 18cm
本文言語 日本語
著者標目  池上, 彰(1950-) <イケガミ, アキラ>
 佐藤, 優(1960-) <サトウ, マサル>
分 類 NDC8:159
NDC9:159.79
NDC10:159.79
件 名 BSH:人生訓
BSH:中高年齢者
BSH:学習法
ISBN 9784166612543
NCID BB29908287
書誌ID B000918890
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
「45歳の折り返し地点」と「60歳の壁」をいかに乗り越えるか。達人2人が明かす秘中の秘!

[目次]
第1章 何を学ぶべきか(45歳は重要な折り返し地点。45歳までに自分は何をやったのか。そのリスト作りをする
年に一度ぐらい、自分がこの一年で何をやってきたか、蓄積したことは何かの、棚卸しをしてみる ほか)
第2章 いかに学ぶべきか(まずは本棚を買う。次に、落ち着いて勉強できる場所を確保する
新幹線のグリーン車というのも良い読書空間。グリーン車代はちょっと奮発した喫茶店代だと思えばいい ほか)
第3章 いかに学び続けるか(勉強を維持するために、敢えてあまり短期で完成しないことを対象にする方法もある
ヒトラーとレーニンに読書術を学ぶ。自分の頭の中で記憶して、それを血肉化すること ほか)
第4章 今の時代をいかに学ぶか(自分の会社で延長する再雇用は考え直した方がよい
60歳の壁あたりのときに、やることをちゃんと見つけているかどうかで大変な違いが出てくる ほか)
第5章 いかに対話するか(基本的に、伝える前に大事なのは相手のことを「聞く力」。対話には型があると知っておく
話したふりをする、結論を決めておいて押しつける、弁証法的にお互いを高める。三つの対話術を適宜使い分けることが重要 ほか)

 類似資料