このページのリンク

<図書>
キョウト ノ タンジョウ : ブシ ガ ツクッタ センラン ノ ミヤコ
「京都」の誕生 : 武士が造った戦乱の都 / 桃崎有一郎著
(文春新書 ; 1257)

データ種別 図書
出版者 東京 : 文藝春秋
出版年 2020.3

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(3F一般書架)新書 BS||1257 2211106463

書誌詳細を非表示

出版年 2020.3
大きさ 287p : 挿図, 地図 ; 18cm
別書名 異なりアクセスタイトル:京都の誕生 : 武士が造った戦乱の都
一般注記 参考文献: p285-287
本文言語 日本語
著者標目  桃崎, 有一郎(1978-) <モモサキ, ユウイチロウ>
分 類 NDC8:216.2
NDC9:216.2
NDC10:216.203
件 名 BSH:京都市 -- 歴史  全ての件名で検索
BSH:日本 -- 歴史 -- 平安時代  全ての件名で検索
BSH:武士
ISBN 9784166612574
NCID BB29908221
書誌ID B000918893
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
平安京=京都ではない!清水寺、知恩院、三十三間堂、祇園、東山、鴨川…いずれも平安京の外だった。では、いまの「京都」の原型をつくったのは一体誰なのか。壮絶な権力闘争と土地開発の知られざる物語を気鋭の歴史学者が読み解く。

[目次]
第1章 武士に依存する平安京と朝廷の治安―「獄門」と凱旋パレードの成立
第2章 「京都」誕生と「天下」の謎―秩序の平安京+君臨の鳥羽+極楽往生の白河
第3章 武士代表となる平氏―京都と院政に融合した新種の実像と虚像
第4章 京都と天皇を呪う嗷訴、守る武士―院政が生んだ反逆者と守護者
第5章 破局する京都と保元・平治の乱―武士が都を蹂躙する「武者の世」
第6章 六波羅と法住寺殿の大規模開発―後白河院・平家の二人三脚と京都拡張
第7章 平家の新都市域「八条」の開発―京都が最初の完成を迎える時
第8章 “殿下の乗合”事件―京都の生活を支配する武士の論理

 類似資料