このページのリンク

<図書>
ナラズモノタチ
ならず者たち / ジャック・デリダ [著] ; 鵜飼哲, 高橋哲哉訳

データ種別 図書
出版者 東京 : みすず書房
出版年 2009.11

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 135.5||D63 1000420305

書誌詳細を非表示

出版年 2009.11
大きさ 327p ; 20cm
別書名 原タイトル:Voyous : deux essais sur la raison
異なりアクセスタイトル:ならず者たち
一般注記 原著 (Paris : Galilée, c2003) の全訳
本文言語 日本語
著者標目  Derrida, Jacques, 1930-2004
 鵜飼, 哲(1955-) <ウカイ, サトシ>
 高橋, 哲哉(1956-) <タカハシ, テツヤ>
分 類 NDC8:135.5
NDC9:135.5
ISBN 9784622073734
NCID BB00315476
書誌ID B000441426
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
主権という古い幽霊が信用を喪失しているとき、政治に何が起きているのか。「ならず者」の名を導きの糸に、来たるべき民主主義の思考を展開する、デリダ、晩年の主著。

[目次]
強者の理性(ならず者国家はあるか?)(自由な車輪
放縦と自由―悪知恵に長けた=車裂きにされた者
民主制の他者、代わるがわる―代替と交代
支配と計量
自由、平等、兄弟愛、あるいは、いかに標語化せざるべきか
私が後を追う、私がそれであるならず者
神よ、何を言ってはならないのでしょう?来たるべきいかなる言語で?
最後の/最低のならず者国家―「来たるべき民主主義、二回回して開く
ならず者国家、より多く/もはやなく
発送)
来たるべき啓蒙の「世界」(例外、計算、主権)(目的論と建築術―出来事の中性化
到来すること―国家の(そして戦争および世界戦争の)諸々の終焉に)

 類似資料