このページのリンク

<図書>
リョウジン ニッキ ショウ
猟人日記抄 / ツルゲーネフ著 ; 工藤精一郎訳

データ種別 図書
出版者 東京 : 未知谷
出版年 2012.12

所蔵情報を非表示



越谷図書館(B1一般書架) 983||Tu6 1000497975

書誌詳細を非表示

出版年 2012.12
大きさ 253p ; 20cm
別書名 原タイトル:Записки охотника
一般注記 原タイトル:Записки охотникаの抄訳
内容:ホーリとカリーヌイチ エルモライと粉屋の女房 リゴフ ベージンの草原 クラシーワヤ・メーチのカシヤン 狼 あいびき 生きたご遺体 音がする! 森と曠野
本文言語 日本語
著者標目  Turgenev, Ivan Sergeevich, 1818-1883
 工藤, 精一郎(1922-2008) <クドウ, セイイチロウ>
分 類 NDC8:983
NDC9:983
ISBN 9784896423914
NCID BB11245383
書誌ID B000510900
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
本作『猟人日記』にインスピレーションを得てトルストイは『森林伐採』『三つの死』など、チェーホフは『葦笛』『猟兵』、国木田独歩は『武蔵野』、島崎藤村は『千曲川のスケッチ』を書き上げた。ありのままの自然と人間の姿を素直に知ろうとする自然主義文学がここから始まる―。ヘミングウェイが絶讃する作品群。

 類似資料