このページのリンク

<図書>
リンリガク ノ ハナシ
倫理学の話 / 品川哲彦著

データ種別 図書
出版者 京都 : ナカニシヤ出版
出版年 2015.10

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 150||Sh58 1000546405


あだち_国際学部35
2111132590

書誌詳細を非表示

出版年 2015.10
大きさ ix, 276p ; 20cm
別書名 標題紙タイトル:A talk about ethics
本文言語 日本語
著者標目  品川, 哲彦(1957-) <シナガワ, テツヒコ>
分 類 NDC8:150
NDC9:150
件 名 BSH:倫理学
ISBN 9784779509711
NCID BB19834413
書誌ID B000562563
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
「倫理学とはどんな学問か」「正義とは何か」―深いテーマをさらりと説いて、初心者も研究者も引き込まれる倫理学概論。ゆっくりと自由に語る倫理学。

[目次]
第1部 倫理学とはどのような学問か(倫理学とはどのような学問か
倫理の好きなひと/嫌いなひと、倫理学の好きなひと/嫌いなひと)
第2部 倫理(道徳)の基礎づけ(倫理(道徳)を自己利益にもとづけるアプローチ(1)―プラトン
倫理(道徳)を自己利益にもとづけるアプローチ(2)―ホッブズ
自然観と倫理観、ないし、形而上学と倫理学
倫理(道徳)を共感にもとづけるアプローチ―ヒューム
倫理(道徳)
倫理(道徳)を義務にもとづけるアプローチ(2)―カント
ひとりひとりの人間のなかにあって、ひとりひとりの人間を超越するもの
倫理(道徳)を幸福にもとづけるアプローチ(1)―ベンタム
倫理(道徳)を幸福にもとづけるアプローチ(2)―J・S・ミル
倫理(道徳)を幸福にもとづけるアプローチ(3)―ヘア)
第3部 正義をめぐって(正義と善
ロールズの正義論
リバタリアニズムの正義論
共同体主義によるリベラリズム批判
共同体主義の系譜をさかのぼる(1)―アリストテレス
共同体主義の系譜をさかのぼる(2)―ヘーゲル
討議倫理学による調停
正義とは異なる基礎(1)―正義の倫理とケアの倫理
正義とは異なる基礎(2)―責任という原理
正義概念の脱構築―レヴィナスとデリダ
倫理学と真理論)

 類似資料