このページのリンク

<図書>
ヤシザケ ノミ
やし酒飲み / エイモス・チュツオーラ作 ; 土屋哲訳
(岩波文庫 ; 赤(32)-801-1)

データ種別 図書
出版者 東京 : 岩波書店
出版年 2012.10

所蔵情報を非表示



湘南図書館(2F文庫新書コーナー) I||R||801-1 2211082964


越谷_英文科05
1000551265

書誌詳細を非表示

出版年 2012.10
大きさ 235p ; 15cm
別書名 原タイトル:The palm-wine drinkard : and his dead palm-wine tapster in the Dead's Town
一般注記 土屋哲訳『やし酒飲み』(晶文社、1970年)を文庫化し、晶文社から1998年に刊行された<晶文社クラシックス>版を底本とし、「私の人生と活動」(管啓次郎訳)と「異質な言語の面白さ」(多和田葉子)を追加したもの
本文言語 日本語
著者標目  Tutuola, Amos, 1920-
 土屋, 哲(1923-2007) <ツチヤ, サトル>
分 類 NDC8:933
ISBN 9784003280119
NCID BB1046126X
書誌ID B000772183
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
「わたしは、十になった子供の頃から、やし酒飲みだった」―。やし酒を飲むことしか能のない男が、死んだ自分専属のやし酒造りの名人を呼び戻すため「死者の町」へと旅に出る。旅路で出会う、頭ガイ骨だけの紳士、幻の人質、親指から生まれ出た強力の子…。神話的想像力が豊かに息づく、アフリカ文学の最高傑作。作者自身による略歴(管啓次郎訳)を付す。

[目次]
やし酒飲み
私の人生と活動(管啓次郎訳)
解説(チュツオーラとアフリカ神話の世界(土屋哲)
異質な言語の面白さ(多和田葉子))

 類似資料