このページのリンク

<図書>
ツツミ チュウナゴン モノガタリ ノ シンセカイ
堤中納言物語の新世界 / 横溝博, 久下裕利編
(知の遺産シリーズ ; 4)

データ種別 図書
出版者 東京 : 武蔵野書院
出版年 2017.3

所蔵情報を非表示



越谷図書館(B1一般書架) 913.384||Y77 1000566541

書誌詳細を非表示

出版年 2017.3
大きさ ii, 219p ; 20cm
一般注記 文献あり
本文言語 日本語
著者標目  横溝, 博(1971-) <ヨコミゾ, ヒロシ>
 久下, 裕利(1949-) <クゲ, ヒロトシ>
分 類 NDC9:913.384
件 名 NDLSH:堤中納言物語
ISBN 9784838604692
NCID BB23358321
書誌ID B000853084
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[目次]
文学史上の『堤中納言物語』
六条斎院禖(ばい)子内親王家「物語合」の復原―『後拾遺和歌集』の詞書の再検討を通して
『花桜折る少将』の切り詰められた世界―終末部における中将の乳母登場の意義など
『虫めづる姫君』を読む―冒頭部の解釈をめぐって
『ほどほどの懸想』覚書―“三”という数字への“こだわり”をめぐって
『逢坂越えぬ権中納言』を読む
『貝合』を読む―正しい読解のための六つの問題点
『思はぬ方に泊まりする少将』を読む―「宇治十帖」を起点に
『はいずみ』を読む―「我身かく」歌の解釈と「口おほひ」する女の系譜
『堤中納言物語』―研究の現在と展望

 類似資料