このページのリンク

<図書>
トウダイソツ ヒンコン ワーカー
東大卒貧困ワーカー / 中沢彰吾著
(新潮新書 ; 722)

データ種別 図書
出版者 東京 : 新潮社
出版年 2017.6

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2Fブラウジング) 1000569551


東京あだち図書館(3F一般書架)新書 SHS||722 2211095176

書誌詳細を非表示

出版年 2017.6
大きさ 189p ; 18cm
本文言語 日本語
著者標目  中沢, 彰吾(1956-) <ナカザワ, ショウゴ>
分 類 NDC8:361.85
NDC9:361.85
件 名 BSH:労働者
BSH:貧困
BSH:労働問題 -- 日本  全ての件名で検索
NDLSH:労働問題 -- 日本  全ての件名で検索
NDLSH:ワーキングプア -- 日本  全ての件名で検索
ISBN 9784106107221
NCID BB2382332X
書誌ID B000854837
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
東大卒、元アナウンサーの筆者が、介護退職した後に見たのは、奴隷労働にも等しい「派遣・非正規」の実態だった。徹夜での12時間労働、日給1300円の仕事、研修名目で3ヶ月間無給等々、人の弱みにつけこむ求人が、今も堂々とまかり通っている。さらに資産家のふりをさせる詐欺紛いの「替え玉」派遣まで登場―徹底した現場主義による潜入取材で見えてきた、知られざる労働現場の真実。

[目次]
序章 働けば働くほど不幸になる
第1章 成長企業の不都合な舞台裏
第2章 労働差別は企業のリスク
第3章 「3ヶ月間無給」のカラクリ
第4章 薄氷の上を歩く正社員
第5章 「中高年はオモテに出すな」作戦
第6章 効率悪くてあたりまえ
第7章 おもてなし地獄
第8章 教育されず、マニュアルもなく
第9章 生活保護に追いつけない
第10章 本当に高齢者は「使えない」のか
終章 働き方改革への提言―貧乏雇用はなぜ統計に現れないのか

 類似資料