このページのリンク

<図書>
ゲンゴ キゲンロン
言語起源論 / ヨハン・ゴットフリート・ヘルダー [著] ; 宮谷尚実訳
(講談社学術文庫 ; [2457])

データ種別 図書
出版者 東京 : 講談社
出版年 2017.10

所蔵情報を非表示



越谷図書館(B1文庫) 801||H53||文庫 1000572695


湘南図書館(2F文庫新書コーナー) K||B||2457 2211097022

書誌詳細を非表示

出版年 2017.10
大きさ 223p : 挿図, 肖像 ; 15cm
別書名 原タイトル:Abhandlung über den Ursprung der Sprache
異なりアクセスタイトル:言語起源論
一般注記 1772年刊の全訳
シリーズ番号はブックジャケットによる
主要参考文献: p216-218
本文言語 日本語
著者標目  Herder, Johann Gottfried, 1744-1803
 宮谷, 尚実 <ミヤタニ, ナオミ>
分 類 NDC8:801
NDC9:801
件 名 BSH:言語学
NDLSH:言語学
ISBN 9784062924573
NCID BB24624861
書誌ID B000865005
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
独自の思想を打ち立て、文学者としても傑出した才を見せたヘルダー(一七四四‐一八〇三年)。その名を高からしめた『言語起源論』は、ベルリン王立学術アカデミーの懸賞論文で最優秀賞に選ばれた出世作である。席捲する「言語神授説」を前にヘルダーはいかなる解答を提示したのか?不朽の古典を初めて自筆草稿に基づいて訳した新時代の決定版、ここに完成。

[目次]
第1部 人間は、その自然能力に委ねられて、みずから言語を発明することができたか?
第2部 人間は自然な能力に委ねられてみずから言語を発明せざるをえなかったのか?またはどのような状況において最も適切にそこに至ることができたのか?

 類似資料