このページのリンク

<図書>
コトバ オ モミホグス
言葉をもみほぐす / 赤坂憲雄, 藤原辰史著 ; 新井卓写真

データ種別 図書
出版者 東京 : 岩波書店
出版年 2021.2

所蔵情報を非表示



越谷図書館(B1一般書架) 915.6||A32 1000608540

書誌詳細を非表示

出版年 2021.2
大きさ vii, 164p : 挿図 ; 20cm
別書名 原タイトル:往復書簡 : 言葉をもみほぐす
一般注記 『図書』2019年8月号-2021年1月号 (岩波書店)の連載に写真を加えて書籍化したもの
本文言語 日本語
著者標目  赤坂, 憲雄(1953-) <アカサカ, ノリオ>
 藤原, 辰史(1976-) <フジハラ, タツシ>
 新井, 卓(1978-) <アライ, タカシ>
分 類 NDC9:914.6
NDC10:914.6
ISBN 9784000229753
NCID BC05576532
書誌ID B000943061
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
民俗学・歴史学という各々の専門分野からの越境を厭わず、知力をふり絞り、引き裂かれながら現実に向き合う二人。同時代をともに生きてあることの歓びを感じながら、言葉を揉み、解し、思索を交わした、2019年から2020年にかけての18通の手紙を、銀板写真とともに書籍化。

[目次]
それでもなお言葉の力を
深い海の底から
標準語との距離感について
俺の人生を聞きにきたのか
土壌と人間
汚れた土のゆくえ
引き裂かれつづける
異形の場所からモノへ
泥の歴史学
傷を記憶すること
あとには戻れないならば
見えない政治に抗うために
こぼれるということ
原発とキツネが対峙するとき
もののけのたぐい
それはだれのものか、と問う声がする
次の世代、子孫のために
撤退の時代だから、そこに駒を置く

 類似資料