このページのリンク

<図書>
デンショウ ノ カタリテ カラ ゲンダイ ノ カタリテ エ
伝承の語り手から現代の語り手へ / 黄地百合子著

データ種別 図書
出版者 東京 : 三弥井書店
出版年 2020.7

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 388.1||O91 1000604581

書誌詳細を非表示

出版年 2020.7
大きさ 338p ; 21cm
内容注記 受け継がれる「声」の記憶
伝承を支えた「決まり文句」
昔話伝承における会話表現の働き
昔話を聞くこと、語ること
昔話は語り手の頭と口で生きている
「阿曽津婆」と水没村の伝説
少女の成長を語る継子譚
語り手が語る昔話の女性イメージ
あの頃、昔話と知らずに昔話を聞いた
松本智惠子の昔話
一般注記 口伝えの昔話の魅力とは。伝承の語り手たちがいかにして語りをつないできたか。現代の語り手へとバトンをつなぎ、新しい昔話伝承の場を再生するため、伝承の語りの特徴や環境を分析し、基礎的な語りのスタイルを明らかにする。
本文および「註」に記したもの以外の参考文献あり
本文言語 日本語
著者標目  黄地, 百合子 <オウチ, ユリコ>
分 類 NDC8:388.1
NDC9:388.1
NDC10:388.1
NDLC:KG745
件 名 BSH:口承文芸
BSH:民話 -- 日本  全ての件名で検索
NDLSH:昔話 -- 日本  全ての件名で検索
ISBN 9784838233670
NCID BC01565829
書誌ID B000931917
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
口伝えの昔話のどんな点が魅力なのか。伝承の語り手たちがいかにして語りをつないできたのか。伝承の語りの持つ、特徴や環境を丁寧に分析、基礎的な語りのスタイルを明らかにする。語りを実践する現代の語り手へと昔話のバトンをつなぎ新しい昔話伝承の場を再生するために。

[目次]
第1部 昔話は語り手の頭と口で生きている(受け継がれる「声」の記憶―「屁こき婆さん」
伝承を支えた「決まり文句」―「鳥食い婆」と「鳥呑み爺」
昔話伝承における会話表現の働き―「ヒチコとハチコの伊勢参り」
昔話を聞くこと、語ること―「もるぞおそろし」
昔話は語り手の頭と口で生きている―松本智惠子の語りを聴き取って)
第2部 昔話・伝説の中の女性(「阿曽津婆」と水没村の伝説―滋賀県湖北の千軒伝承
少女の成長を語る継子譚
語り手が語る昔話の女性イメージ―「大歳の火」「米福粟福」「姥皮」)
第3部 記憶の中で生きる昔話(あの頃、昔話と知らずに昔話を聞いた
資料 松本智惠子の昔話)

 類似資料