このページのリンク

<図書>
カザン ニュウモン : ニホン タンジョウ カラ ハキョク フンカ マデ
火山入門 : 日本誕生から破局噴火まで / 島村英紀著
(NHK出版新書 ; 461)

データ種別 図書
出版者 東京 : NHK出版
出版年 2015.5

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 453.821||Sh39 1000541534

書誌詳細を非表示

出版年 2015.5
大きさ 205p : 挿図, 地図 ; 18cm
本文言語 日本語
著者標目  島村, 英紀(1941-) <シマムラ, ヒデキ>
分 類 NDC8:453.821
NDC9:453.821
件 名 BSH:火山 -- 日本  全ての件名で検索
BSH:噴火災害
ISBN 9784140884614
NCID BB18697237
書誌ID B000553519
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
日本人は古来、火山の恩恵を享受するとともに、度重なる災害に脅かされてきた。列島誕生、地形形成、気候変動とのかかわりから、東日本大震災をはるかに超える被害をもたらす超巨大噴火の可能性まで。110もの活火山が存在する火山大国・日本に暮らすうえで知っておきたい「足下」の驚異を、第一人者が丁寧かつわかりやすく解説する。

[目次]
第1章 こうして火山が日本を作ってきた(日本列島誕生は地球の歴史では新しい
「殻」の内側には「白身」と「黄身」がある ほか)
第2章 日本を脅かしてきた噴火と火山災害(浅間山の火山灰が引き起こした天明の大飢饉
世界の気候を変えてしまった火山災害 ほか)
第3章 どんな大噴火がこれから日本を襲うのか(火山ごとにマグマの性質は全然違う
マグマが出てこなくても噴火することはある ほか)
第4章 危ない火山は意外に近くにある(御嶽山の噴火はなにを問いかけるのか
あてにならない噴火警戒レベル ほか)
第5章 火山とともに生きていく(なぜ有珠山だけ噴火が予知できるのか
それでも火山活動の推移や終わりの予測はできない ほか)

 類似資料