このページのリンク

<図書>
ショウヒシャ シミン シャカイ ノ セイドロン
消費者市民社会の制度論 / 佐藤祐介, 松岡勝実編

データ種別 図書
出版者 東京 : 成文堂
出版年 2010.2

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(3F一般書架) 365||Sa85 2111112704


越谷_家庭研04 個人研究||||H25 1000518585

書誌詳細を非表示

出版年 2010.2
大きさ vii, 219p ; 22cm
別書名 標題紙タイトル:Consumer citizenship and law
本文言語 日本語
著者標目  佐藤, 祐介 <サトウ, ユウスケ>
 松岡, 勝実 <マツオカ, カツミ>
分 類 NDC8:365
NDC9:365
件 名 BSH:消費者
BSH:消費者保護
ISBN 9784792325763
NCID BB0104181X
書誌ID B000527292
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
消費者問題に先駆的に取り組む盛岡市で、学者・教育者、弁護士、立法担当者、消費者行政の窓口担当者、地域住民がつどい、身近なコミュニティーから出発し、消費者が主役のネットワークづくりを考える。

[目次]
第1部 消費者が主役のネットワークづくり(消費者保護政策の方向性
消費者庁創設について
消費者が安全・安心に暮らせる社会を目指して)
第2部 消費者・生活者の制度論(「消費者市民社会」における人間像―民法学の視点を手がかりに
悪質商法に対する刑事規制の現状と課題―特定商取引法上の犯罪と詐欺罪の成否を中心として
日常家事債務の連帯責任(民法761条)と消費者保護
高齢者と契約―有料老人ホーム利用契約を中心として
利息制限法引き直し計算による債務整理
新保険法における告知義務に関する規定の概説・検討
消費者保護と適合性原則)

 類似資料