このページのリンク

<図書>
センゴ ホイク セイサク ノ アユミ ト ホイク ノ ユクエ
戦後保育政策のあゆみと保育のゆくえ / 中村強士著

データ種別 図書
出版者 東京 : 新読書社
出版年 2009.10

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 369.42||N37 1000418754

書誌詳細を非表示

出版年 2009.10
大きさ 230p ; 21cm
一般注記 引用文献・参考文献: p207-230
本文言語 日本語
著者標目  中村, 強士 <ナカムラ, ツヨシ>
分 類 NDC8:369.42
NDC9:369.42
件 名 BSH:保育 -- 歴史  全ての件名で検索
BSH:保育所 -- 歴史  全ての件名で検索
ISBN 9784788011205
NCID BA91819908
書誌ID B000437343
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
戦後復興時に新しく生まれ変わった保育所は、未来を展望した国民の切なる願いの結晶であった。しかし、その後の保育政策は乳幼児の子育てを家族の責任に追いやり、入所できる子どもたちを限定してきた。1990年代以降、少子化を迎え女性の社会参加に応えようとしている日本は、保育所を国民生活にとって欠かすことのできない施設に位置づけた。1994年に子どもの権利条約を批准した日本。保護者の働く権利だけでなく、子どもの権利を保障する保育政策はどうあるべきか。その方向性をさぐる。

[目次]
序章 本書のねらいと視点
第1章 保育制度の成立と修正―戦後改革期:戦後〜1950年代中頃
第2章 保育政策の「充実」と家庭保育原則―高度経済成長期:1950年代中頃〜1970年代中頃
第3章 保育政策の「修正」と行政改革―低成長期:1970年代中頃〜1980年代
第4章 保育政策の「転換」と保育改革―構造改革期:1990年代以降
終章 子どもの権利を保障する保育政策に向けて

 類似資料