このページのリンク

<図書>
サバクハ ノ ブンガク : ソウセキ ノ キコツ カラ シヘン マデ
佐幕派の文学 : 「漱石の気骨」から詩篇まで / 平岡敏夫著

データ種別 図書
出版者 東京 : おうふう
出版年 2013.9

所蔵情報を非表示



越谷図書館(B1一般書架) 910.261||H67 1000516011

書誌詳細を非表示

出版年 2013.9
大きさ 279p ; 20cm
別書名 異なりアクセスタイトル:佐幕派の文学 : 漱石の気骨から詩篇まで
本文言語 日本語
著者標目  平岡, 敏夫(1930-) <ヒラオカ, トシオ>
分 類 NDC8:910.26
NDC9:910.261
件 名 BSH:日本文学 -- 歴史 -- 明治時代  全ての件名で検索
ISBN 9784273037352
NCID BB13551198
書誌ID B000525709
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
戊辰戦争敗者の文学―『佐幕派の文学史』以後の漱石、鴎外、荷風、透谷、啄木等、佐幕派に関わるエッセイ、講演、詩篇も加えて明治文学の魅力を語る。

[目次]
漱石の気骨―博士問題・佐幕派気質
漱石 佐幕派文学の魅力―『坊っちゃん』『草枕』『三四郎』『こゝろ』を中心に
東北岩手と『佐幕派の文学史』―啄木没後百年に寄せて
『永日小品』の「懸物」―ある佐幕派家族の小さな物語
高瀬川は流れる―漱石、鴎外、そして啓一郎へ
原敬の遺書と鴎外の遺書
佐幕派荷風
透谷の母と啄木の母―佐幕派子弟の訓育について
透谷と「文学史」―「明治文学史」研究のこと
透谷と村上春樹―第二の宮と地下二階〔ほか〕

 類似資料