このページのリンク

<図書>
シャカイテキ ホウセツ/ハイジョ ノ ジンルイガク : カイハツ・ナンミン・フクシ
社会的包摂/排除の人類学 : 開発・難民・福祉 / 内藤直樹, 山北輝裕編

データ種別 図書
出版者 京都 : 昭和堂
出版年 2014.2

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 389.04||N29 1000524994


東京あだち図書館(3F一般書架) 389||N29 2111126073


越谷_人間科学部12 389.04||N29 1000569817

書誌詳細を非表示

出版年 2014.2
大きさ vii, 255, vp : 挿図 ; 21cm
別書名 異なりアクセスタイトル:社会的包摂排除の人類学
異なりアクセスタイトル:社会的包摂排除の人類学 : 開発難民福祉
一般注記 参考文献: 各章末
読書案内: 各部末
本文言語 日本語
著者標目  内藤, 直樹 <ナイトウ, ナオキ>
 山北, 輝裕(1979-) <ヤマキタ, テルヒロ>
分 類 NDC8:389.04
NDC9:389.04
件 名 BSH:文化人類学
BSH:社会的包摂
BSH:社会的排除
BSH:難民
BSH:社会福祉
ISBN 9784812213414
NCID BB14796940
書誌ID B000532899
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
先住民、難民、移民、障害者、ホームレス…。さまざまな現場で社会的に排除された人たち。彼らを社会的に包摂しようと支援する取り組み。ところが、その包摂が新たな排除を生み出すというパラドックス。遠い世界のどこでもない、いま私たちの足下で何が起こっているのか?

[目次]
「社会的包摂/排除」現象への人類学的アプローチ
第1部 開発―「弱者」がつくられるフィールド(ケニア牧畜民の伝統社会は開発から逃れられるか
エチオピア牧畜民に大規模開発は何をもたらすのか
ボツワナの狩猟採集民は「先住民」になることで何を得たのか
オーストラリア先住民の「暴力」といかにつきあうか)
第2部 難民―グローバリゼーションと国籍(アフリカの難民収容施設に出口はあるのか
アンゴラ定住難民の生存戦略は持続可能か
在日インドシナ定住難民の「彼らなりの暮らし」はどう保たれているか
第三国定住難民と私たちとの接点はどこにあるのか)
第3部 福祉―私たちは「隣りにいる他者」といかに生きるか(ホームレス状態から地域生活への移行において何が問われているのか
野宿者の日常的包摂は可能か
精神障害者の世界は受け入れられるか
脱施設化は真の解放を意味するのか)

 類似資料