このページのリンク

<図書>
ビジネス ニ イカス ノウカガク
ビジネスに活かす脳科学 / 萩原一平著
(日経プレミアシリーズ ; 284)

データ種別 図書
出版者 東京 : 日本経済新聞出版社
出版年 2015.7

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 491.371||H14 1000544256


湘南図書館(3F一般書架) 491.371||H14 2211089455

書誌詳細を非表示

出版年 2015.7
大きさ 306p ; 18cm
本文言語 日本語
著者標目  萩原, 一平(1955-) <ハギワラ, イッペイ>
分 類 NDC8:491.371
NDC9:491.371
件 名 BSH:
BSH:科学と社会
ISBN 9784532262846
NCID BB19161301
書誌ID B000557454
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
脳科学の知見をマーケティングはじめビジネスに応用することは、欧米先進企業ではいまや当たり前。では、脳の何を知れば仕事に役立てられるのか?多くの企業とともに、脳科学の産業応用について研究を重ねている著者が、できるかぎり専門用語を使わずに、誰もが知っておきたい脳の知識を八つの領域にしぼって解説。

[目次]
プロローグ 脳を知らずにビジネスはできない
第1章 人は無意識に操られている―消費者の頭の中を知ることはできるか
第2章 記憶を作る―商品開発はユーザーの記憶を知ることから始めよ
第3章 感情と行動を決めるもの―顧客は何を心地よく感じるのか
第4章 人の意思を左右する脳のバイアス―あなたの意思決定は大丈夫か
第5章 脳のトップダウン処理―一流のプロの学ぶ脳の使い方
第6章 クロスモーダル効果―マーケティングに必須の脳のメカニズム知識
第7章 相手を知る「鍵」ミラーニューロン―新しいマーケティング手法への期待
第8章 感情を作る脳内化学物質―重要な神経伝達物質の働き
エピローグ 脳科学が拓くビジネスの未来

 類似資料