このページのリンク

<図書>
センソウ サービスギョウ : ミンカン グンジ ガイシャ ガ ミンシュ シュギ オ ムシバム
戦争サービス業 : 民間軍事会社が民主主義を蝕む / ロルフ・ユッセラー著 ; 下村由一訳

データ種別 図書
出版者 東京 : 日本経済評論社
出版年 2008.10

所蔵情報を非表示



あだち_国際学部09
2114016640

書誌詳細を非表示

出版年 2008.10
大きさ xi, 302p ; 20cm
別書名 原タイトル:Krieg als Dienstleistung
異なりアクセスタイトル:戦争 : サービス業
一般注記 原タイトル: Krieg als Dienstleistung (原著改訂増補第3版) の翻訳
参考文献: p288-295
本文言語 日本語
著者標目  Uesseler, Rolf
 下村, 由一(1931-) <シモムラ, ユウイチ>
分 類 NDC8:392
NDC9:392
件 名 BSH:軍備
BSH:民営化
BSH:傭兵
ISBN 9784818820166
NCID BA87574501
書誌ID B000744728
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
軍や警察が担うはずの任務を遂行するのは、会社職員で、敏腕マネージャーやコンピュータ、衛星放送の専門家までいる。軍事関連の多くはサービス業になったのだ。民間軍事会社(PMC)抜きの危機防止と平和確保を模索する。

[目次]
第1章 ビジネスとしての戦争(世界中で暗躍する「新しいタイプの傭兵」
民間軍事会社―新しいサービス業種
多彩な発注者―「強い国家」、ビッグビジネスから反乱軍まで
武力の世界市場で暗躍する民間軍事会社―四つのケーススタディ)
第2章 グローバル化と「新しい戦争」(戦争業、その小史
東西紛争の終結―軍事サービス業の枠組みの変化
パトロン・クライアント体制と闇経済―安全保障を求める新しい需要の展開)
第3章 危険な結果(戦闘的な協力関係―経済と民間軍事会社
管理不可能―西欧諸国での武力の民営化
見せかけの安全―「弱い国家」での国民総売出し
人道支援団体―軍事力の陰で)
第4章 民間軍事会社抜きの紛争解決は?(暴力市場か暴力独占か
危機の防止と平和の確保)
終わりに 民主主義をまもるためにはなにが必要か

 類似資料